電気牧柵4

イメージ 1

牧柵を囲ったら
アースを打ち込み
パワーユニットを接続します。
ユニットの中にはバッテリーが搭載されており
常時通電しているのではなく
1・2秒間隔で通電されます。
12Vのバッテリーでも
誤って触れると吹っ飛ぶような衝撃です。
初めのうちは動物たちに危険と学習させるために
レベルを強くしておく方がよいようです。

この記事へのコメント

最近のコメント

2024年05月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

ラベルリスト