東屋解体

イメージ 1

仕事にめどがついてきたので
もう1度ボランティアに参加してきました。
保育所の東屋の解体作業です。
冒頭のあいさつで
業者に依頼しても空いていない
今回の被災地はどこも20・30代が極端に少ない
職員は通常の業務に地震の仕事が加わり疲弊している
もうしばらくボランティアに頼りたいとお話がありました。
スーパーボランティアの尾畠さんのようにはなれませんが
少しお手伝いをしようかと思います。

最近のコメント

2022年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31            

ラベルリスト