ボランティア3

イメージ 1

集合場所のボランティアセンターへ行くと
シールに名前と出身をマジックで書き
それを自身のおなかに当たりに張り付けて作業します。
届いた支援物資の棚卸のようなことをしました。
数をまとめデータベース化し
各地域の必要なところへ配布されるそうです。
私のいたグループは午後からは
申し訳ないけど解散してくださいと言われ
正味2時間ほどで終わってしまいました。
ボランティアに対してスタッフが少ないようで
まだまだ混乱気味のように見えます。

この記事へのコメント

最近のコメント

2022年01月
                  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31               

ラベルリスト