脱穀

イメージ 1

バケツ稲で育てた稲穂がまだほかりっぱなしでした。
もう面倒になってきましたがきちんとけじめをつけてやら無ければなりません。
穂を手でつまんで取り外し
すり鉢にいれこすります。
野球のボールを転がすのがいいそうです。
殻が剥けて来たら口でふうっと吹いてやると
殻が飛び米粒が残ります。
ここまで地味な作業はもう原始人の気分です。
今はこのあたりの作業が機械で楽に出来るので
お米のありがたみはなかなか感じられないのかもしれません。

この記事へのコメント

最近のコメント

2024年05月
         1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31   

ラベルリスト