ビニールハウスの張り方

イメージ 1

まず腰の位置の直管に
長さ1mほどのビニールを張って行きます。
このあたりでは腰のビニールなんて呼ばれています。
とめるにはパッカーという資材で
直管に被せてとめてゆきます。
こんなビニールでも100mで1万円ほどかかるので
再利用するようにしてコストを抑えています。

この記事へのコメント

最近のコメント

2021年10月
               1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                  

ラベルリスト